スポンサードリンク


日本ハム

0コメント
    このエントリーをはてなブックマークに追加
Getty%20Images


1 :名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)00:03:09 ID:21n6mhpcr
ニュースで見て興奮したわ
大谷最高やわ




2 :名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)00:12:52 ID:hhHCQPL9D
大谷ばけもんやろ


 

1コメント
    このエントリーをはてなブックマークに追加
Getty%20Images


1 :名無しさん@おーぷん 2014/05/24(土)01:12:30 ID:ccJkDlEOc
日本ハム・大谷は4打数無安打に終わった。九回の第4打席は、右中間に鋭いライナーを飛ばしたが、
荒波の好守で中飛に。ツキにも見放され、これで17打席連続無安打となってしまった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140523-00000094-dal-base




2 :名無しさん@おーぷん 2014/05/24(土)01:12:43 ID:ccJkDlEOc
疲れ出て来たかな
しゃーない



 

0コメント
    このエントリーをはてなブックマークに追加
ダウンロード


1 :名無しさん@おーぷん 2014/05/14(水)02:53:19 ID:aAC6e50Eq
.390 1本 12打点 出塁率.448 長打率.576 OPS1.024



2 :名無しさん@おーぷん 2014/05/14(水)02:54:34 ID:OqYVCV2rG
これシーズン換算したらどうなるんや


 

0コメント
    このエントリーをはてなブックマークに追加
images


1 :名無しさん 2014/04/23(水)18:49:30 ID:depnpx9y7
これで野手出場試合10試合連続安打4試合連続打点の模様



2 :名無しさん 2014/04/23(水)18:55:31 ID:qebguob5G
大谷ちょっと強すぎんよ~




0コメント
    このエントリーをはてなブックマークに追加

manuclbrag670reut

1 :名無しさん 2014/04/15(火)23:03:16 ID:4yle9WC7u
藤浪晋太郎 率.429 1本 1打点 防御率5.40 1勝2敗 奪三振22

大谷翔平  率.387 0本 3打点 防御率2.08 1勝0敗 奪三振14

打つ方では藤浪が一歩リードかな?




2 :名無しさん 2014/04/15(火)23:05:03 ID:Qm8Wt1aa2
やっぱ藤浪は野手やな(混乱)




0コメント
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ダウンロード

1 :名無しさん 2014/04/13(日)00:42:02 ID:???
 日本ハム栗山英樹監督(52)の表情は、険しかった。

 今季初勝利で5割復帰に貢献した大谷翔平投手(19)の投球に、納得がいかなかったからだ。初の2桁三振となる10奪三振にも「遅すぎだよね。初めてなの?ダメだよ。全然、ダメ」と手厳しかった。

 期待の大きさのあらわれだ。「球自体は真っすぐにいい球もあったけれど、6回で120球近く投げるっていうのは…」。5回2/3で5安打4四球。1失点というのが意外なほどの内容に、笑顔はなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140412-00000123-nksports-base




0コメント
    このエントリーをはてなブックマークに追加

manuclbrag670reut

1 :名無しさん 2014/04/11(金)21:28:14 ID:???
※所属チーム 巨人
成績 5、37
2勝10敗




2 :名無しさん 2014/04/11(金)21:29:05 ID:???
ポルシェカレラカップ参戦



0コメント
    このエントリーをはてなブックマークに追加

manuclbrag670reut

1 :名無しさん 2014/04/11(金)22:08:20 ID:KBnwL8VHS

<日本ハム2-5西武>◇11日◇札幌ドーム

 日本ハム近藤健介捕手(20)の珍しい「右前打」のような悪送球で、痛恨の追加点を許した。

 2回に1点を先制され、なおも2死二塁。先発吉川がカウント1-2から低めにワンバウンドするカーブで空振りを誘い、ピンチを切り抜けたかと思った瞬間だった。振り逃げを狙った打者走者。

捕手の近藤が一塁へ送球して三振を完成させようとしたが、
これが一塁手・ミランダの頭上を大きく越える悪送球。
観衆がどよめく中、白球が右翼線を転々としている間に、
さらに1点を奪われた。
オープン戦中からややスローイングが不安視されていたが、
露呈する形になった。

観衆がどよめく中で、白球が右翼線を転々としている間に、さらに1点を奪われた。オープン戦中からややスローイングが不安視されていたが、露呈する形になった。好リードも披露したが、試合後は「自分のミスです。練習します」と猛省していた。

ソース http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140411-1283885.html



このページのトップヘ